ひっぱりだこさん、9年間、ありがとうございました!

Pocket
LINEで送る

7月31日、Facebookで店主の南さんより「ひっぱりだこ高円寺店の閉店」のお知らせがありました。本当に大勢のファンの方々はその突然のお知らせに驚きながらも、多くの方がお店に駆けつけていたようです。わたしはあろうことか、翌日この事実を知ったので、最終日のたこ焼きや焼きそばを食べることはもちろん、南さんやファンの皆さんとご一緒できなかったのですが。

これは4月、「ハッピー高円寺5月号」の特集に登場してくださったとき。この普段どおりのポーズを色々とアレンジして、こちらの下手な撮影に付き合ってくださいました。

ひっぱりだこの南さん

 

これは、立ち食い・立ち飲みのテーブルにも変わる冷蔵庫。ここで過ごした真夜中は忘れられないな~。

立ち食い・立ち飲みのテーブルにも変わる冷蔵庫

 

ここで改めて気づくことがあります。それは、もちろん思いっきりさみしいのですが、(え、うそだろ?)というよりはむしろ、(ああー、思いのほか早かったんだな!)とか(目標をまた達成して、次の段階へと進んだろうな!)というふうに感じている方は、わたし以外にも大勢いらっしゃるのではないでしょうか?ということで、それは、南さんがかねてからおっしゃっていた
「今はもちろん高円寺で、この仕事をしているのが最高!でも、また別にどうしてもやりたいことが見つかったら、迷わずそっちに行くよ!」
という発言を思い出すまでもなく、毎日昼夜問わず、南さんの方からお店の前を通りすぎる方々に声をかけ、気がつけばお互いにあいさつやことばを交わす関係を生んでいる・・・といった人間性(キャラクター)そのものが、決断力や実行力をすぐに思い浮かばせるからです。

きょう、ようやくお店の前を通ると、閉店後シャッターに貼られたメッセージに、さらにメッセージが追加されていました。

シャッターに貼られたメッセージ

南さんから高円寺のみなさんへのメッセージとさらに追加されたメッセージ

 

このメッセージに、さらに次のメッセージが追加されています。

“ きちんとさよならが言えなかった方々へ
9年間本当に元気と勇気をありがとうございました。
ひっぱりだこで出会った人々は、私にとってお金で買えない財産であると思っています。
これからも末長いお付き合いよろしくお願いします。
またいつかお会いできる日を楽しみにしています。”

追加されたメッセージ

 

このメッセージは、手書きのメッセージカードとしてクリアファイルに入れられ、持ち帰ることができるようになっています。

南さんについてわたしが心配するようなことは何もないでしょうが、不安定な天気は続いているので、お体にだけは気をつけて過ごしてもらいたいですね。

すばらしい時間とメッセージをありがとうございました。そして、9年間もの長い間、おつかれさまでした。

またお会いできる日を楽しみにしています!

Pocket
LINEで送る

著者について

HAPPY!高円寺の編集スタッフです。このホームページのメンテナンスなども行っています。なお、掲載されているお店情報に誤りや変更点があれば、問い合わせフォームでお知らせください。新しいお店情報などをいただくと、なお嬉しいです。よろしくお願いいたします。