誌面連載記事『人生らくらくカウンセリング』連載〈3〉

Pocket
LINEで送る

本記事は「HAPPY!高円寺」連載中(2012年7月号、vol.33より)の人気記事『心理相談室サウダージの人生らくらくカウンセリング』をバックナンバーを含め公開(毎月10日頃更新)したものです。

心理相談室サウダージは、高円寺庚申通りで「家族問題(虐待、AC、DVなど)、お子様の問題(不登校、ひきこもり、発達障害、成績不振など)、アルコー ル・ギャンブルほかの依存症、摂食障害、職場・友人・恋愛などの人間関係の悩み、トラウマ、自傷行為、生きづらさなどの悩み」といった幅広いご相談を受けています。

心理相談室サウダージのホームページ(http://www.saudade.biz/

室長前田のプロフィール(http://www.saudade.biz/profile/

 

人生らくらくカウンセリング

連載<3>「共感する脳 ―ミラーニューロン―」

 

室長のアイコンみなさん、悩みを誰かに聞いてもらうことはありますよね?カウンセラーにではなくても、友達や同僚に相談をして、特に問題解決の方法をアドバイスしてもらえたわけでもないのに、話を聞いてもらえただけで気持ちが軽くなったという経験もあるのでは?でも、なぜそれだけのことでこころが楽になるのでしょう?

悩みを聞いてもらうだけで気持ちが軽くなるのは、話をしているうちに問題の整理がついてきて自分で解決方法が見えてくるからということもありますが、話のわかってくれる人に悩みを聞いてもらえると、問題を自分ひとりで解決しなくてもいいという気持ちになれるという面も大きいですね。科学的にいうと、これは脳の“ミラーニューロン”の働きによるものです。ある脳科学者がサルの脳の実験中にものを食べたところ、同時にサルの脳に反応が起こりました。最初は食べるのをサルが見ているからだと思ったのですが、サルから見えないところで食べても同じように脳の反応が起こりました。

どういうメカニズムで脳がつながるのかはまだわかっていませんが、科学者とサルの脳はつながって共感を起こしたのです。このミラーニューロンの働きがあるから、他人の悩みを共感しシェアすることができるのです。

うちの相談室では、もちろんお話もしっかりうかがいますが、ミラーニューロンの働きをフルに生かすFAPという治療診断法を使って、カウンセリングを行っています。FAPについては次号でくわしくお話ししますね。

Pocket
LINEで送る

著者について

HAPPY!高円寺の編集スタッフです。このホームページのメンテナンスなども行っています。なお、掲載されているお店情報に誤りや変更点があれば、問い合わせフォームでお知らせください。新しいお店情報などをいただくと、なお嬉しいです。よろしくお願いいたします。