2012年11月末、参考書を参考にしたくて・・・

Pocket
LINEで送る

 

編集部スタッフです。もうすぐ12月、そして、2013年ですね。

翌月じゃなく、翌年を目印にすれば、目標も立てたり、達成したりがしやすく、

その結果、今(11月)を大切にして充実した時間を過ごせるのかしら?

なんて、だいぶ足もとが寒くなってきたデスクの前で考えたりしています。

ともあれ、来年は2013年。

 

(そうか、2013年ねー。0123と並べかえると、

それはそれでゴロもよさそうだけど、

なんだか引っ越ししなくちゃいけない感じも出るわよねー、

引っ越しのまえに、まず年越しよねー。)

 

と考えたり、3210(スリーツーワンゼロ)!と、

また並べかえてやる気になってみたりしているうちに、

この西暦と今の11月という時期からか、ふと「受験勉強」をしていた頃の姿がよみがえってきました。

 

もうひとむかし以上前のことでしたが、当時から

「受験勉強は大変」ということは今と変わってはいませんでした。

でも、今回、そんな大変だと思う当時の気持ちや気分は不思議とよみがえってこないで、

かわりにむしろ参考書が並んだカラフルな光景とともに、楽しい気持ちが浮かんできました。

 

時間がたつというのは、なんとも不思議ですね。

多感といわれる時期ですから、自分の気持ちもまたカラフルで、

いろんなことを感じたり考えたりしていたのでしょうが、

時間がたって、それらがいったんろ過されてクリアになったかのようです。

おまけに参考書といえば

 

(あの本やあの本は今どうなってるんだろう?また見てみたい!)

 

という気持ちまで、わきおこってきました!

そんなわたしは迷うことなく編集部を飛び出し、本屋さんへ。まずは、古書店さんです。

ところが。

 

「参考書は置いていないねー。」

 

古い新しいにかかわらず、

いわゆる年代ものの価値ある本を多く取り扱っているような古書店さんには、

参考書のコーナーじたいがありませんでした。

自分のお父さん、お母さんから、おじいさん、おばあさんが使っていたような参考書があるのも面白いのに、

そんなことを思いつつ、つぎは新高円寺のブックオフさんへ。

ブックオフさんの参考書コーナー

 

こちらは、参考書コーナーが設けられていました。

ただ、買取り用に持ち寄られた本に左右されるのでしょう、

わたしが見たい本は残念ながらありませんでした。もしかしたら、毎日通っていれば出会えるのかも?

 

また、そもそも、誰かがまた買うために並んでいるので、あんまり古いものや、

手書きがあるものは買い取られないだろうなと思いました。

参考書は、その目的を考えれば道具のように使い込まれた結果、

線やメモなど手書きされることも多いと思いますが、

むしろそれが味かもしれないのになとちょっと残念に思いながら、

こんどは通りを渡ったむかいにある、あゆみブックスさんへ。

 

あゆみブックス杉並店さん

 

おー、ありました、ありました!

あゆみブックスさんの学参コーナー

 

ほどなく、店内の奥に設けられた「学参コーナー」に、あの本やあの本を見つけることができました。

それは、ずばりこれ!

試験に出る英単語と大学入試基礎英語頻出問題総演習

 

まずは、通称シケタン「試験に出る英単語」、

そして、桐原書店さんの「大学入試基礎英語頻出問題総演習」!

 

そう、桐原書店さんといえば、高円寺に長くいらっしゃった会社で、

わたしも現役の高校生の頃から、参考書に書かれた高円寺の文字を見た覚えがあります。

 

この2冊、どちらも英語ですが、友達とゲーム感覚で問題を出し合ったりと

個人的にとっても思い入れがある本でした。

 

そんな当時の同級生たちに思い入れを持たれていたはずの参考書には、

今回はまだ再会していませんが、ほかにも日本史では「山川の日本史」

という山川出版社さんから出ている「教科書」があります。

 

「え、教科書が参考書?!」

 

と、なんだかややこしいお話かもしれませんが、そうなんです、

教科書は別にちゃんとあって、参考書として、この教科書を使っていたんですね。

 

考えてみれば、教科書が参考書になり、さらに、

時間がたつことで教科書も参考書も楽しい読み物になるのかもしれません。

となると、いつまでもなくなってほしくない、見たいときに、気軽に参考にしたい、

という意味ではみんな参考書かもしれないな、と元受験生だからか、生意気にも思ったりするのです。

 

ブックオフ新高円寺駅前店

杉並区高円寺南2-17-2

03-5305-8212

 

あゆみブックス杉並店

杉並区梅里1-7-15 カーニープレイス杉並1F

03-3318-3771

Pocket
LINEで送る

著者について

HAPPY!高円寺の編集スタッフです。このホームページのメンテナンスなども行っています。なお、掲載されているお店情報に誤りや変更点があれば、問い合わせフォームでお知らせください。新しいお店情報などをいただくと、なお嬉しいです。よろしくお願いいたします。