高円寺の100円自販機から

Pocket
LINEで送る

 

今日の高円寺は夕方から風が強く吹いて涼しかったです。

もっとも涼しいとはいえ、そこは夏、歩き回っているとのどが渇いてきます。

今日は、そんなとき(お!)という感じで

目の前に「100円自販機」が立っていました。

 

高円寺でタイミング良く立っていた100円自販機

高円寺でタイミング良く立っていた100円自販機

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みると、いろいろなメーカーの飲み物がわんさかと並んでいます。

100円自販機自体、目新しくも何ともないのですが、ふと

 

(これはこれで100円ショップみたいだな。)

 

と思いました。

ふだん、100円自販機のことをほとんど意識することがなかったので、

なんだか新鮮でもありつつ、

 

(そういえば、まだまだ高円寺に100円自販機ってあったよな?)

 

と自問自答して2,3箇所しか思い出せないことに気付きました。

 

もっとあるのは間違いない、とはっき分かるのですが、

どこにあったか、そして、どんな飲み物が入っていたか、

となると、てんで印象に残っていないことに気付きました。

 

そんな、僕にとって存在感の薄かった100円自販機ですが、

今日こうしてタイミング良く出会ったおかげで、

 

(もっともっと増えたらいいな。でもそうもいかないんだろうな)

 

と思いつつも色々なことを連想しました。そのうちの2つを挙げてみます。

 

(決まった自販機が100円だったり当たりつきというのをやめにして、

100円や当たりつきが日替わりで移動したりすると面白いな。)

 

これは、自販機をインターネットとかでネットワークとしてつなげたら、

ルーレットのように、毎日違う場所の自販機が100円や当たりつきに変わるので、

自販機を見つけること自体がちょっと面白くなるのでは?

なんて考えてみたのでした。

 

(自販機の中の価格の違いがもっとあったほうが面白いな。)

 

続いてこちらは、単純に何も100円、120円、150円とか

大半を占める価格ばかりでなくて、

50円とか300円とか価格差がある方が楽しいんじゃないかと考えたんですね。

 

昨日の多国籍の話ではないですが、

いろいろなパターンやバリエーションがあるというのは、

それだけで楽しいものだと思いました。

 

そしてすっかり夕食の時間、先日ご紹介した高南通りのクラウド9さんに入りました。

 

(あ!そうだった。)

 

思い出しました。

 

いろいろといえば、このお店では200種類のビールや

数種類の地サイダーが飲めるのでした。

 

ダイヤレモン(布引礦泉所)¥300税込

 

クラウド9さんで飲めるダイヤレモン(布引礦泉所)¥300税込

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

氷を入れたグラスに注いでもらい、飲む・・・。それだけのことなのに、

魔法にかかったよう!とってもおいしかったです。

マスターによれば

 

「やっぱビンでしょ?違うでしょ?」

 

とのこと。

そういえば、昔はビンの自販機もあったなー。ビンも増えたらいいのにな。

 

 

せっかくなので、番外編が続きます。

 

ドリンクニッポン(野中食品工業)

 

高円寺のとあるお店に置いているドリンクニッポン(野中食品工業)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは業務用ですが、何ともいえない味がビンからすでに漂っていますよね!

Pocket
LINEで送る

著者について

HAPPY!高円寺の編集スタッフです。このホームページのメンテナンスなども行っています。なお、掲載されているお店情報に誤りや変更点があれば、問い合わせフォームでお知らせください。新しいお店情報などをいただくと、なお嬉しいです。よろしくお願いいたします。