第5回高円寺老舗盆おどりに参加したよ。

Pocket
LINEで送る

昨日はハッピーくんとずーっといっしょだった編集部スタッフ、

昼は駅前で、たくさんの人たちに完成したばかりの「HAPPY!高円寺8月号」

をお渡しし、夜からは高円寺中学校での第5回高円寺老舗盆おどりに

参加してきました。昼はお日様の暑さが目立っていましたが、夜はその

暑さが残る中、さわやかな熱気が校庭中にあふれていて気持ちよかったです。

 

高円寺中学はヱヴァンゲリヲンの舞台のモデルというのは、

わりと有名な話らしいのですが、そういう風に

何かの参考となるのも納得するくらい、校門をくぐったとたん、

なんかいいな!という開放感やときめきを覚えました。

 

そしてとにかく広い空!

 

スタッフとハッピーくんが参加したのは、夜7時すぎでしたが、

ずらっと並ぶちょうちんの明かり、その上には、昔の古い家にあった

白熱電球のようなお月さま、

そして、とんぼのように行き交うジェット機の光が

輪になっておどる人を照らしていました。

 

あ、照らすだけでなく、眺めていたのかもしれませんね。

それくらい、みんなもまた輝いていました。

 

高円寺中学から見上げた盆おどりを照らす月

高円寺中学から見上げた盆おどりを照らす月

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんか、月を電球と思えば一家だんらんのような光景に、ジーンとしました。

暑く熱気があるけど暑苦しくなかったのは、さっきも言いましたが、

さわやかだったからだと思います。たくさんの自然な明かりに包まれていました。

 

すぐに、主催共催の商店街のみなさん、それに参加者のみなさんのはからいで、

やぐらに上げてもらったハッピーくん、たくさんのこどもたちといっしょにおどりました。

こどものたたく太鼓の音も気持ちよかったです。

 

やぐらに上げてもらったハッピーくん

やぐらに上げてもらったハッピーくん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

高円寺音頭、「月が出た出た♪」でおどったのち、

宮城出身の歌手ちばゆきさんによる「ふるさと」。

そして予定にないあいさつが続きます。

 

「みんなが元気でいれば被災した人にも絶対に通じると思います。」

「まちの活気を見て、嬉しく思います。」

 

歌と同じように、参加したみなさんが一体感を覚える言葉だったと思いました。

 

さて、盆おどりも終盤に近付くなか、ハッピーくんの前には、ずーっと

つぎつぎにこどもたちが登場して、あいさつや握手を交わしてくれました。

おかげで、ハッピーくんも夏バテなんかせずに元気で夏を楽しめることでしょう。

こどもたちの元気は、まわりを明るく、そして、まわりも元気にさせて、

素晴らしいなと思いました。

 

なごりおしい時間でしたが、とうとう最後のおどりのあと、片付けのあいさつとなりました。

 

ここは学校です。学校にごみが落ちていてはいけません。」

「小さなこどもたちがもう片付けてくれています。おとなの人は見本になりましょう。」

 

そうか、盆おどりはみんなの授業というか、みんなの学校なんだと思ったりして、

盆おどりが高円寺中学校であってよかったと思いました。

中学校のこの校庭が広いことも、空が広いことも納得して、会場をあとにしました。

 

商店街のみなさん、たくさんの参加者のみなさん、ありがとうございました。

また、来年に向けて元気で過ごしたいですね。

 

 

Pocket
LINEで送る

著者について

HAPPY!高円寺の編集スタッフです。このホームページのメンテナンスなども行っています。なお、掲載されているお店情報に誤りや変更点があれば、問い合わせフォームでお知らせください。新しいお店情報などをいただくと、なお嬉しいです。よろしくお願いいたします。